日常の戯言とかなんとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【親捏造の利用法】プレイヤーアドレス取得①

この記事は親捏造は何かということを理解した人向けに書いてあります。
親捏造そのものについてはこちらのキャラにまとめてあります


親捏造を用いることで、任意のアドレスの数値を操作できるようになりました。
しかし、前回の解説のタイプの親捏造では、相対的な位置関係から推定するため極めて限定的な操作しかできません。
そこで、広い範囲の数値を操作するためにプレイヤーアドレスを取得して、絶対的な基準となるアドレスを得る必要があります。今回はその方法について解説します。

まず、プレイヤーアドレスがどこにあるかです。
まず1つとして、ヘルパーのparent/root参照先があります。親捏造はparentのアドレスをずらして色々参照する技術です。つまり弄る前のparent参照先を参照先すればそのヘルパーの親のアドレスがわかります。

parent参照先は、プレイヤーアドレスから0x2620後ろにあります。そのためparent参照先を+0x1700したうえでparent,var(56)で参照することができます。root参照先はvar(57)です。

ここで注意しなければいけないことは、例えば本体のアドレスを取得する際、本体が直接出したヘルパーのparent参照先を変化させた場合は本体のparent参照先を取得してしまいます。もちろん本体にparentはないのでこれでは無意味です。
なので、さらにもう一段階ヘルパーを生成して、そこで親捏造を行いましょう。
また、ステコンオバフロで数値を増やすため、元のparent参照先の数値によっては取得失敗します。なので、複数のヘルパーで取得を行うようにするとよいでしょう。また、取得に失敗したヘルパーはすみやかに消去しないとエラーの原因となるので注意が必要です

この方法のプレイヤーアドレス取得法の具体的記述例が見たい人は親捏造式時止め解除テンプレを参照してください



スポンサーサイト
2014-01-04 : MUGEN解説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

@ひたち

Author:@ひたち
「@」を忘れるべからず
読みは普通に「ひたち」でいいんじゃないの

検索フォーム

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。