日常の戯言とかなんとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

混線の解釈の違い

どうもこのへんは製作者全員が一同に介して定義付けしたわけじゃないからね

私なんかは記述始めたのが12年入ってからでその頃はもう殺傷力を競いたいなら開幕並列で親変更できる形にするのがデフォみたいになってたから完全混線って考えがないし
どちらかというと完全混線じゃないのはあえて全領域を捕捉しない混線ってイメージ
あと開幕混線も同様にね

まあ結局何が言いたいかというと
人によって定義とか若干違うけどさっきの記事で書いたやつは一番メジャーだと思うよ
スポンサーサイト
2013-07-02 : 雑記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
自分が記述し始めた頃は並列と多重の混合型が主流でしたねぇ。完全並列が流行り始めた頃だったかな。
その頃はPCのスペックが割と悲惨な制作者も多かったものでw
殺傷力向上のための選択が迫られていたと言うべきでしょうか。
だから完全混線という考えはかなり浸透していましたね。

でもまぁ、@ひたちさんの言う混線の解釈は昔から主流だと思います。
自分も初期の段階ではそのようなものだと思って使っていましたし、混線の話になればそちらに合わせますしね。
2013-07-02 15:13 : DRM URL : 編集
No title
ジェネレーションギャップってやつですねえ
2013-07-03 08:22 : @ひたち URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

@ひたち

Author:@ひたち
「@」を忘れるべからず
読みは普通に「ひたち」でいいんじゃないの

検索フォーム

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。