日常の戯言とかなんとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

普通カンフーマン更新

ver2.0系列は放棄するって言ったな
あれは嘘だ

いやまあ2.01からヘルパー押し付けと本体親変更積んだだけなんだけどさ
スポンサーサイト
2014-02-27 : MUGEN : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

もうだめだ

普通KFMは以前から突発的な強制終了に悩まされていたわけだが

先日ついに完全に崩壊しました
ここ数日必死の復旧作業を重ねていましたが修正が新たなバグを呼んでどんどん原因のわからない強制終了の頻度が増えて
もはやOTH相手にも試合前に強制終了という始末
試合開始前の棒立ちの相手にすら強制終了をやらかしてます


現公開版でも既に原因不明の強制終了があり差し戻しても根本的な解決には全く至らないという現状を考え、普通KFMver2.0系列の放棄を決定しました
そして再リメイクとなるver3.0系列の製作プロジェクトを始動します

もはやver2.0系列は矛盾リスペクトに対応できるような状態ではないのでおそらく大会期間中の更新はないと思います。
MGTもたぶん無理
ここ数日の強制終了連打で完全に心折れました

一応アップしといたから誰か供養しといてください

まあMUGENそのものからドロップアウトということはないと思う
2014-02-24 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

トリガーを使いこなそう

トリガー
それは、ステートコントローラーを実行するかどうかを決めるためのものです。
trigger1 = time = 0とすれば即座にそのステコンは実行され、trigger1 = command = "a"とすればaボタンを押すことでそれは実行されます。
それ以外にも例えばAIのための記述を見ると
trigger1 = var(59)
trigger1 = ctrl
trigger1 = statetype = S
trigger1 = p2bodydist x < 20
trigger1 = random < 50
のように複数の条件を付けて細かく制御するような場面も多々あります。
そんな凶悪に限らずMUGENの製作を行う上で最も重要な項目の一つであるトリガーの基本的なことがらを解説します


・トリガーの条件が満たされるとは
trigger1 = ◯◯ の◯◯の部分がTrueになることをいいます。
例えばtrigger1 = time = 1の場合、time = 1のとき、trigger1 = Trueとなり、このtrigger1の条件が満たされるということです。それ以外の時はtrigger1 = Falseなのでこのトリガーは満たされません。

これは最も基本でかつ最も重要な事柄です。これを意識しているかどうかで理解度が全く変わります。


・トリガーの処理順
triggerall→trigger1→trigger2→…のように番号の若い順に処理されます。
triggerallの条件が全て満たされないとtrigger1以降は読み込まれません。
trigger1以降でtriggerXの条件が全て満たされた場合、trigger(X+1)以降は読み込まれなくなります。

trigger1 = ◯◯
trigger1 = ××
trigger2 = △△
のような場合において、trigger1 = ◯◯が満たされない場合、trigger1 = ××の読み込みはスキップされ、即座にtrigger2の処理が開始されます。


・代入演算子
trigger1 = var(0) := 5 のように記述した場合、var(0)に5を代入するvarsetができます。また、この場合はvar(0)に5が代入されているのでトリガーは満たされます。
trigger1 = var(0) := 0 とした場合、var(0)は以前の値に関わらず0になり、トリガーは満たされません。
trigger1 = var(0) := var(0) +1 とすればトリガーが読み込まれる度にvar(0)を1加算します。


・1と0
条件式において、1はTrue、0はFalseを意味します。
trigger1 = 1とした場合はトリガーは満たされ、trigger1 = 0としたらトリガーは満たされません。
これを利用し、trigger1 = 1 || var(0) := gametimeのように代入をしながら確実に次のトリガーを読み込ませたり、
trigger1 = 0 && var(0) := gametime のように代入をしたら即座にtrigger2 の処理を行わせるような使い方ができます。
2014-02-11 : MUGEN解説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

撃破挑戦中

mugen4_20140210014937f85.png
mugen2_201402100149369e7.png

矛盾リスペクトとMGT2回戦を見据え専用を強化中
まあ恋星は古い版のをコピってきただけだが

けどなんか構造的にかなり無理矢理やってるせいかやたら落ちるようになってしまったんだよねえ
さっさとこの原因を突き止めないといかんね
2014-02-10 : MUGEN : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

まずは何も言わずにこれをみてほしい

矛側にU霊夢神モード                  ←殺傷力ないに等しいよね
矛側に殺神貴試験体VerK12p,giji rareakuma12p ←狂大会ですか?
L霊夢12p エクゼリカ12p 矛で             ←本来の意味で論外です
矛にオメガトムハンクス12p、ハイジェネラル11p  ←2007年ですか?
矛にチャックノリス、クワガタ              ←直死使う私の強化パッチ使ってもいいんですよ?
盾に9条流レミリア12p                  ←%nF1以外はただの並キャラですというか%nはルール違反ですよね

コメントから目に余るものをいくつか抜粋してみましたが
私の言わんとすることはわかりますよね

ちなみにこれコメントしたの全て同一人物です
あなたのコメントは面倒が増えるだけで全く面白くないので自重してください





2014-02-07 : 雑記 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop

【MUGEN凶悪】神以上論外未満 矛VS盾チーム大会【リスペクト】 リク動画



矛盾リスペクトらしいね
しかしこの手の動画の定めかリクがひっでえことになってるね

動画主さんもしもこの記事を見ているようであればくれぐれも参加メンバーの吟味は身長にお願いいたします

はっきりいって愉快犯としか思えないような馬鹿げたリクが大量にあるのでリクをほいほい採用したら勝負以前に動画として成り立たなくなる可能性が多大にあります


そして視聴者のみなさんもくれぐれも自重
L霊夢とかウケ狙いにしても寒いだけです
2014-02-07 : 動画 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

たいかい

http://yanmar195.blog54.fc2.com/blog-entry-5459.html

久々に心躍る予感だぜ

個人的にはある程度の親捏造技術を解禁してくれるならなんだっていい!
前例作って捏造もっと広まれやーっと
それにコピペで動く親捏造というものを提示してもう1年くらい経つのに一向に広まらない現状にそろそろ私挫けてしまいそう

あとは凶悪板やIRCで活動をしてないような人のキャラも見てみたいですねえ
なんだかんだでIRCから離れたところでは捏造技術を導入してる人も散見されるようですし
ちなみに親捏造の扱いに関してはヤンマー氏のが有名だけど私も独自にこんなのを作ってたりする
まあ参考程度に考えてくれるとありがたい


大会形式はそうですねえ
かつて二酸化氏がやってた「オニワルド以上鬼巫女零くらい」のような形式(強以上形式といったほうがいいか?)のような形なんかは面白いと思いましたがちょっと時間かかりすぎたり死ぬ気ないやつが増えすぎてだらける懸念がありますかね
完結させようと思うと年単位の時間がかかるし
ババロワ形式(MGT形式のほが通じるかな)は殺傷力に優れたキャラじゃないと活躍するのは難しいので神キャラのお祭りには不適でしょう
直接対決式トーナメント(凶悪GP形式)はやはり死ぬ気がないキャラも多く殺傷力に優れたキャラのみになってしまいトーナメント表を提示された時点で優勝者が予想できるのでまあ無理でしょう


理想を言えばオニワルドとL霊夢が競える方式なんでしょうがそれを実現させるのは非常に難しいでしょう
となればどの程度で妥協するか、参加者のランクをどこまで絞るかなど考えなくてはいけないでしょうねえ


面倒だし構造上の脆弱性になるから撃破条件付けてなかったけど直接対決がお望みなら普通KFMの撃破条件作るのもそのうちやりますか
撃破条件のコンセプトとしては「捏造使えば汎用でできる範囲ではあるけど使わないと超絶難易度」とでもしてみましょうか

2014-02-04 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Wald-D

mugen0_20140201224013a2a.png

期待する新キャラが出たらとりあえず倒しとくのが礼儀だと聞いたので

というわけで戦車氏が公開されたオズワルド改変のWald-Dというキャラです
まだまだ未完成のようですが殺傷力の向上にとても意欲的な姿勢が伺えます

最近なにかと凶悪界隈は停滞しておりますがこういう新しい風もまだまだ吹く力を失ってはいませんからね



2014-02-01 : 雑記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

@ひたち

Author:@ひたち
「@」を忘れるべからず
読みは普通に「ひたち」でいいんじゃないの

検索フォーム

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。