FC2ブログ
日常の戯言とかなんとか

トップ記事

当ブログはリンクフリーです。
でも管理が面倒なので基本的に相互リンクはやりません。

@ひたちに何か連絡があったら hitachi_5300(a)yahoo.co.jpまでお願いします

公開物
(スプライト及びサウンドの流用禁止、記述に関してはご自由にどうぞ)
・普通カンフーマン
・基礎的即死技術テストキャラ
・親捏造式時止め解除テンプレ
・直死テンプレ
・%nでfvarに書き込むテンプレ

・\イージスです/  (並キャラです)

こちらで公開しています。パスは「mugen」です。

MUGEN解説シリーズ(目次は追記にて)

続きを読む

スポンサーサイト
2037-08-28 : MUGEN解説 : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop

けものフレンズ2 8話感想

さてお待ちかねPPP回…なんだけどなあ…
内容がないよう…(´・ω・`)


特にPPPとマーゲイの信頼関係ってのが全然見えてこないのはとても悲しい
PPPがプリンセス、コウテイ、ジェーン、イワビー、フルルというキャラクターじゃなくてPPPという役割を与えられただけの存在に成り下がっているのが残念だ
会場はスカスカ、背景キャラはコピペをはっつけただけという手抜き具合もせっかくのライブシーンを盛り下げる

PPPが舞台やゆるぺぱ、CDとかライブとかリアルで活躍していくのをリアルタイムで見てきた身としてはPPPが後退してしまってる感が出てさみしい
アニメのPPPと佐々木未来ら5人のPPPは別物という考えなのかもしれないけど

「アラウンドラウンド」はこれまでの活動で確たる信頼と自信を得たPPPだからこそ歌える曲だと思う
だが今回のPPPはお互いに対する信頼感とか自信とか覇気とかそういうものが全く感じられない
生きたキャラクターではなくただ与えられた役を演じているだけにすぎない


今までなんとかいい所を見つけようとしてたけど8話は無理
キャラクターを雑に扱うことに定評がある本作の中でも特にひどい
はっきりいって俺が見てきた歴代アニメの中でもワースト狙いにいける
2019-03-16 : けものフレンズ : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

第3回けもくらべアリーナ雑感

皆さん今回も地獄のチキンレースお疲れさまでした
私はご覧の通りチキンレースに失敗した敗北者です(アリーナ終了30秒前の状態)
IMG_6396.png

今回は今までのアリーナと比べてぴーぬくーの入手機会が多くなってきたことで様々なフレンズが動員されたことが特徴だと思いました
上位パーティーは技レベル5のフレンズを複数投入しかなり強力な構成なことが多かったと感じます

その中でも今回特に使われたら厄介に感じたフレンズをまとめてみましょう
【ハロウィン】イワトビペンギン
通称人権
5ターン発動でで7ターン遅延とかお前それやっちゃいけないやつだってずっと言われてるから
全フレンズ中最速で遅延を発動できるので適切に投入できれば相手の技を完全に封じることができる
前回も猛威を振るったが強力な技を使えるフレンズが増えたことで相対的に重要度は上昇したように感じた

【サンタ】ホッキョクグマ
5ターンで発動できる大ダメージ技というダメージディーラー
火力アップの倍率も高いため下手に食らうと3万くらい持っていかれることもある
イワビー以外で阻止ができないことも凶悪さを上げる要因

【守り神】シーサー・ライト
今回は防御アップ技の評価が大いに見直されたのだがその原因はたぶんコイツ
6ターンで被ダメ4分の1にしてくるからかなりの耐久力を実現し戦力値以上の手強さを披露してくれる

【バレンタイン】エトピリカ
短縮1ターンは弱いように思えるがそれを6ターンで発動してくるのが問題
多彩なバリエーションの8ターン発動のフレンズが7ターン目に技を使ってくるようになるためパーティー全体の脅威度がハネ上がる
危険な8ターン発動の例:セイリュウ、ゲンブ、アメリカビーバー、【シスター】チャップマンシマウマ等

【雪遊び】イエネコ
【ゲレンデ】シナウスイロイルカ
ブタ
イヌガミギョウブ
現状最速の回復持ち
戦力値が拮抗してる状態で技を発動されると勝ち目が薄くなる
とはいえ発動7ターンなのでアラビアオリックスで阻止可能な分脅威度は減った気がする
逆に遅延持ちがいない場合は非常に辛い戦いを強いられることになる


総評として今回のアリーナは技発動の高速化と全体的なインフレによって非常にゲームが高速化しており無策ではもはや発動に9ターン以上かかるフレンズは技を使う機会を得られなくなってしまった
9ターン発動が「遅い」とか最初期から考えてみたら恐ろしい時代になったもんだ

また上位プレーヤーほど上記したような強力はフレンズを大量に持っているためそれらを保有していない中堅以下のプレーヤーはランキング上位に挑むことさえままならない状況になりつつある
幸い私は最上位に対してやりようによっては勝てるだけの戦力を保有しているので今回のアリーナはいろいろと挑戦のしがいがあってそこそこ楽しめた

しかし次回のアリーナが開催されたらいよいよ上位プレーヤーに対して勝ち目がなくなってくるプレーヤーも増えてくるだろう
ランキングのチキンレースも正直いい加減疲れたし最上位プレーヤーだろうと仕事とかあったらトップ争いに参加できないっていうのもどうかと思う
現状のシステムでは否応なしに最上位プレーヤーに挑まなくてはいけないため、コンテンツの寿命を考えたらそろそろ抜本的な変更が必要になってくるのではないかと思う
これまでの運営の実績から考えて対策をするだけの技術力も誠実さもあるとは思っていないがせめて何か一つくらいは改善してくれないかなあと期待しないで第4回の開催を待ちましょう
2019-02-27 : けものフレンズ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

けものフレンズ2 7話感想

チーターすき
プロングホーンもすき

でもロードランナーはもっとすき
ロードランナー1
ロードランナー2
ロードランナー3
ロードランナー5



今回はさりげなく動物の生態を話に盛り込んでいて割とよかったと思う
いつも「私〇〇が得意だから」ってわざわざ宣言してるけど
個人的には後からtwitterとかでなるほどこのシーンはこの習性が…ってなるほうがいいと思う
2019-02-26 : けものフレンズ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

けものフレンズ2 6話感想

ここでようやくリアルタイム視聴

かばんちゃんがたくましく成長してる感じがいいね
「…帰ったらやるよ」の言い方が好き

博士と助手が助手と助手の助手になっているのには驚いたし博士が料理を会得しているのも驚いた
鳥は辛味を認識できないという話を聞いたことがあるけど辛味をしっかりと味わえているのは「この体でしか食べられないものを食べたいのです」という願いが叶ったのだな

しかし1期でサーバルと面識があるフレンズがここで初登場したけど特に触れられなかった
博士助手はセルリアンに捕食されたフレンズの末路を何度も見てきたから別個体なら別個体と割り切って接することもできるんだろう
かばんちゃんは当然覚えてるけど敢えて触れないようにしてる感じが見えてるし
1期サーバルはどこかで捕食されてしまったんだ
悲しいなあ…




にしても海底火山の下りひどすぎない?
文字が読めないだろう博士助手はとにかくかばんちゃんが本に普通に書いてあることに気付かなかったてなろう系よりもひどいんじゃねーか?
1期のセルリアンは海水で石化したから海中には存在できないだろうという考察をするのはおかしくはないけど
セルリアンが海に近い場所に現れてるなら水棲のフレンズにも証言を求めるだろうしその時点で水棲セルリアンについても情報が得られるだろう?
そこからサンドスターローの発生源が海中にあることも想像に難くないと思うぞ
2019-02-19 : けものフレンズ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

@ひたち

Author:@ひたち
「@」を忘れるべからず
読みは普通に「ひたち」でいいんじゃないの

検索フォーム

アクセスカウンター